2004年10月09日

起業後はホームページの更新は自分で行いましょう

今日は、あきばれネットの小冊子「できる社長のHP入門」を、ご購読頂いたかたからのお便りをご紹介します。

  あきばれネット代表 吉本俊宏 様

  吉本様から、毎回送られてくる【できる社長のHP活用講座】と、
  小冊子『できる社長のHP入門』で、ホームページ作りはそんなに
  難しくない、と教えられ、一から勉強しました。
  
  おかげさまで“ワード”だけで自分なりのホームページを作ること
  ができました。  
  吉本様、本当にありがとうございます。

  なんといっても、自分で思いついたときに更新できるのは、自分が
  頑張ればいいだけですから、ストレスが少なくてすみます。

  私の手作りホームページをよろしければお時間のあるときにでもご
  覧ください。

  せっかくなので、メールマガジンも発刊することにしました。
  『 生きいき高齢者に!!介護予防の遊び 』

  高齢者の方の遊びや昔の思い出話になるようなヒントを提供するこ
  とで、高齢者の方々の記憶を呼び起こすきっかけづくりにしたい。
  コミュニケーションを広げてもらいたい。おじいちゃんの知恵、お
  ばあちゃんの知恵を記録として残していきたい。そんなことを思い
  ながらのメルマガ発刊です。

  ホームページもメールマガジンもたいした内容ではありませんし、
  プロの方から見たら、お笑いかもしれませんが、少しずつ良くして
  いければと思っています。まずはスタートしなければゴールはあり
  ませんから・・・・。

  吉本様、いろいろとありがとうございます。そしてこれからもよろ
  しくお願いいたします。

  株式会社アサヒコーポレーション 福祉事業部
  石橋 智章さま


石橋さん、お便りありがとうございます。
このお便りを頂いた時は、本当に嬉しく感じました。\(^_^)/

と言うのは、私がホームページ制作で目指しているが、「自社で更新できるHP」なものですから、それを実践しているということをご連絡頂いて、本当に嬉しく思った訳です。  吉本様から、毎回送られてくる【できる社長のHP活用講座】と、
  小冊子『できる社長のHP入門』で、ホームページ作りはそんなに
  難しくない、と教えられ、一から勉強しました。
  
  おかげさまで“ワード”だけで自分なりのホームページを作ること
  ができました。吉本様、本当にありがとうございます。

  なんといっても、自分で思いついたときに更新できるのは、自分が
  頑張ればいいだけですから、ストレスが少なくてすみます。

石橋さんも書かれているように、自分で更新できれば、自分の思い通りに、しかも「直ぐに」更新できます。

通常の実店舗の場合は、店内のレイアウトを更新するのは、自社でやりますよね。でもホームページでは・・・。


●ホームページを自社で更新できないと・・・

少し、実店舗の例を用いて説明してみましょう。あなたは雑貨ショップのオーナーだと想像してみて下さい。

雑貨ショップがオープンしたのは3ヶ月前。当初はお客さんも少なく苦戦しましたが、「商品構成の見直し」や、「店内ポップの変更」等で、売上が徐々にアップしてきました。

これからは「季節にあわせた目玉商品企画」や、「店頭ディスプレーの変更」で、さらに売上アップを図っていくつもりです。

この雑貨ショップはあなたのお店ですから、当然、商品を並べ換えや、商品の説明書きは自分で行います。店内の飾り付けや、店頭のディスプレー商品の変更も、もちろん自分で行います。

外部の業者に頼んでいたら、お金がいくらあっても足りないし、それに自分でやった方が、ずっと素晴らしいお店になるからです。

これが普通の考え方だと思います。でも、ホームページはどうでしょうか?

ホームページはインターネットの仮想店舗。通常の実店舗と同じように、定期的な商品の入れ替え等で、コンテンツの変更が必要になります。

ところが多くの場合、このコンテンツ変更を「ホームページ作成会社」に頼むケースが圧倒的に多いのです。外部の業者に頼むわけですから、当然お金がかかります。

例えば、最初に30万円程度のホームページを作成した場合、実店舗と同じペースで店内の見直し(=コンテンツの変更)を行うと、少なく見積もっても、毎月5万円以上のコンテンツ更新費用が発生します。(まあ、ケースバイケースですが・・・)

毎月5万円ですから、1年で60万円。
しかもこれが「未来永劫」に続きます・・・・・。

こんな費用は払っていられませんよね。その結果、多くのホームページオーナーは、コンテンツの更新をほとんど行いません。

季節が夏から冬に変わっても、商品の見直しや、キャッチピーの変更を行うことなく、昔作ったコンテンツをそのまま使い続けるのです。

もちろんホームページで売上が順調にあがっていれば、毎月5万円程度の更新費用は大した金額ではありません。でも実際はせっかく作ったホームページはまったく売上に貢献していません。

担当のHP制作会社は、確かにお洒落なホームページに仕上げてくれましたが、「ホームページで集客するノウハウ」を持っている業者ではありませんでしたから、彼らが作ったホームページは少しも商売には結びつかなかったのです。

その結果、せっかく作ったホームページは宝の持ち腐れ。コンテンツの更新が行われることもなく、そしてあなたの商売に貢献することもなく、そのまま朽ち果てていくのです。あたなはため息をつきながらこう呟きます。

「ホームページなんか役に立たないさ・・・・。」


●ホームページは自社で更新しよう!

上記は架空の物語ですが、ホームページをお持ちの中小企業さんの、恐らく大部分が同じような気持ちを抱かれているのではないでしょうか?

こうなってしまったのには色々と理由があるのですが、「初めて手がけた実店舗が、最初から大成功」というのが少ないように、「開設したてのホームページが、最初から大成功」というのも、同じように滅多にないのです。
(私自身、最初に作ったホームページは散々でしたから・・・(^^ゞ

実店舗で、オープン以降、社員が自らの手で試行錯誤を続けるように、ホームページも自分で更新を続けて、少しずつ改善していくことがポイントです。

是非、あなたも石橋さんに負けないように、「自社でホームページを更新できる」ように、頑張っていって下さいね。(^^)

起業後はホームページの更新は自分で行いましょう

今日は、あきばれネットの小冊子「できる社長のHP入門」を、ご購読頂いたかたからのお便りをご紹介します。

  あきばれネット代表 吉本俊宏 様

  吉本様から、毎回送られてくる【できる社長のHP活用講座】と、
  小冊子『できる社長のHP入門』で、ホームページ作りはそんなに
  難しくない、と教えられ、一から勉強しました。
  
  おかげさまで“ワード”だけで自分なりのホームページを作ること
  ができました。  
  吉本様、本当にありがとうございます。

  なんといっても、自分で思いついたときに更新できるのは、自分が
  頑張ればいいだけですから、ストレスが少なくてすみます。

  私の手作りホームページをよろしければお時間のあるときにでもご
  覧ください。

  せっかくなので、メールマガジンも発刊することにしました。
  『 生きいき高齢者に!!介護予防の遊び 』

  高齢者の方の遊びや昔の思い出話になるようなヒントを提供するこ
  とで、高齢者の方々の記憶を呼び起こすきっかけづくりにしたい。
  コミュニケーションを広げてもらいたい。おじいちゃんの知恵、お
  ばあちゃんの知恵を記録として残していきたい。そんなことを思い
  ながらのメルマガ発刊です。

  ホームページもメールマガジンもたいした内容ではありませんし、
  プロの方から見たら、お笑いかもしれませんが、少しずつ良くして
  いければと思っています。まずはスタートしなければゴールはあり
  ませんから・・・・。

  吉本様、いろいろとありがとうございます。そしてこれからもよろ
  しくお願いいたします。

  株式会社アサヒコーポレーション 福祉事業部
  石橋 智章さま


石橋さん、お便りありがとうございます。
このお便りを頂いた時は、本当に嬉しく感じました。\(^_^)/

と言うのは、私がホームページ制作で目指しているが、「自社で更新できるHP」なものですから、それを実践しているということをご連絡頂いて、本当に嬉しく思った訳です。  吉本様から、毎回送られてくる【できる社長のHP活用講座】と、
  小冊子『できる社長のHP入門』で、ホームページ作りはそんなに
  難しくない、と教えられ、一から勉強しました。
  
  おかげさまで“ワード”だけで自分なりのホームページを作ること
  ができました。吉本様、本当にありがとうございます。

  なんといっても、自分で思いついたときに更新できるのは、自分が
  頑張ればいいだけですから、ストレスが少なくてすみます。

石橋さんも書かれているように、自分で更新できれば、自分の思い通りに、しかも「直ぐに」更新できます。

通常の実店舗の場合は、店内のレイアウトを更新するのは、自社でやりますよね。でもホームページでは・・・。


●ホームページを自社で更新できないと・・・

少し、実店舗の例を用いて説明してみましょう。あなたは雑貨ショップのオーナーだと想像してみて下さい。

雑貨ショップがオープンしたのは3ヶ月前。当初はお客さんも少なく苦戦しましたが、「商品構成の見直し」や、「店内ポップの変更」等で、売上が徐々にアップしてきました。

これからは「季節にあわせた目玉商品企画」や、「店頭ディスプレーの変更」で、さらに売上アップを図っていくつもりです。

この雑貨ショップはあなたのお店ですから、当然、商品を並べ換えや、商品の説明書きは自分で行います。店内の飾り付けや、店頭のディスプレー商品の変更も、もちろん自分で行います。

外部の業者に頼んでいたら、お金がいくらあっても足りないし、それに自分でやった方が、ずっと素晴らしいお店になるからです。

これが普通の考え方だと思います。でも、ホームページはどうでしょうか?

ホームページはインターネットの仮想店舗。通常の実店舗と同じように、定期的な商品の入れ替え等で、コンテンツの変更が必要になります。

ところが多くの場合、このコンテンツ変更を「ホームページ作成会社」に頼むケースが圧倒的に多いのです。外部の業者に頼むわけですから、当然お金がかかります。

例えば、最初に30万円程度のホームページを作成した場合、実店舗と同じペースで店内の見直し(=コンテンツの変更)を行うと、少なく見積もっても、毎月5万円以上のコンテンツ更新費用が発生します。(まあ、ケースバイケースですが・・・)

毎月5万円ですから、1年で60万円。
しかもこれが「未来永劫」に続きます・・・・・。

こんな費用は払っていられませんよね。その結果、多くのホームページオーナーは、コンテンツの更新をほとんど行いません。

季節が夏から冬に変わっても、商品の見直しや、キャッチピーの変更を行うことなく、昔作ったコンテンツをそのまま使い続けるのです。

もちろんホームページで売上が順調にあがっていれば、毎月5万円程度の更新費用は大した金額ではありません。でも実際はせっかく作ったホームページはまったく売上に貢献していません。

担当のHP制作会社は、確かにお洒落なホームページに仕上げてくれましたが、「ホームページで集客するノウハウ」を持っている業者ではありませんでしたから、彼らが作ったホームページは少しも商売には結びつかなかったのです。

その結果、せっかく作ったホームページは宝の持ち腐れ。コンテンツの更新が行われることもなく、そしてあなたの商売に貢献することもなく、そのまま朽ち果てていくのです。あたなはため息をつきながらこう呟きます。

「ホームページなんか役に立たないさ・・・・。」


●ホームページは自社で更新しよう!

上記は架空の物語ですが、ホームページをお持ちの中小企業さんの、恐らく大部分が同じような気持ちを抱かれているのではないでしょうか?

こうなってしまったのには色々と理由があるのですが、「初めて手がけた実店舗が、最初から大成功」というのが少ないように、「開設したてのホームページが、最初から大成功」というのも、同じように滅多にないのです。
(私自身、最初に作ったホームページは散々でしたから・・・(^^ゞ

実店舗で、オープン以降、社員が自らの手で試行錯誤を続けるように、ホームページも自分で更新を続けて、少しずつ改善していくことがポイントです。

是非、あなたも石橋さんに負けないように、「自社でホームページを更新できる」ように、頑張っていって下さいね。(^^)
おすすめサイト