2004年08月05日

その商品は本当にニーズありますか?

今日は商材選びについて少し考えてみましょう。

独立起業間もない方から「この商品は絶対売れるから、ぜひホームページを作って欲しい」というご依頼を頂くことが少なくありません。

ご本人はその商品に対する思い入れが強いので、「絶対この商品はニーズがある。1回でも使えば、絶対喜ばれる」という風に完全に信じ込まれています。

でも、第3者として客観的に見ると、「?」というケースが少なくありません。高名な経営コンサルタントさんとお話ししていて教えてもらった事なのですが、その商品が本当にニーズがあるかどうかは、

  自分の友人にその商品を説明してみる

とすぐ分かるそうです。

商品の説明をしてみて、その友人が

  「その商品は良いね。きっと売れると思うよ」

という反応の場合、実はその商品は「売れない」そうです。

こうした反応ではなく

  「その商品どこで売ってるの。俺がすぐ買いたいんだけど。」

という反応の場合は、確実に売れるそうです。

起業間もない人というのは、商品に対する思い入れが強いですから、ちょっと見方を変えて、すこし「客観的」にニーズがあるかないかを考えてみると良いと思います。

その商品は本当にニーズありますか?

今日は商材選びについて少し考えてみましょう。

独立起業間もない方から「この商品は絶対売れるから、ぜひホームページを作って欲しい」というご依頼を頂くことが少なくありません。

ご本人はその商品に対する思い入れが強いので、「絶対この商品はニーズがある。1回でも使えば、絶対喜ばれる」という風に完全に信じ込まれています。

でも、第3者として客観的に見ると、「?」というケースが少なくありません。高名な経営コンサルタントさんとお話ししていて教えてもらった事なのですが、その商品が本当にニーズがあるかどうかは、

  自分の友人にその商品を説明してみる

とすぐ分かるそうです。

商品の説明をしてみて、その友人が

  「その商品は良いね。きっと売れると思うよ」

という反応の場合、実はその商品は「売れない」そうです。

こうした反応ではなく

  「その商品どこで売ってるの。俺がすぐ買いたいんだけど。」

という反応の場合は、確実に売れるそうです。

起業間もない人というのは、商品に対する思い入れが強いですから、ちょっと見方を変えて、すこし「客観的」にニーズがあるかないかを考えてみると良いと思います。
おすすめサイト