東北地方太平洋沖地震について

3月11日(金)に発生した、東北地方太平洋沖地震にて被災された皆さまへ、心よりお見舞い申し上げます。

弊社サービスの会員さま・パートナーさまの中にも、被災された方がたくさんいらっしゃり、大変心を痛めると同時に、我々にも何かできないかと社員一同奮闘しております。
実際にさまざまな方と話を致しますと、どの方も必要とされているのが「情報」です。

  • 最新の被災地情報を得るためにはどこを見たら良いのか分からない…
  • 消息・安否の情報はどこで見るのが、新しく、かつ漏れが無いんでしょうか
  • 避難所の場所や連絡先はどこを見ればいいのか、なかなか見つけられない
  • 現地の生の情報が欲しいけれど、探し方が分からない
そんなお困りの声を頂きました。
そこで、一般的な大手サイトの情報から、例えばTwitterなどから発信されている草の根の情報などを集めました。
この情報がみなさまのお役に立てれば幸いです。

WEBマーケティング総合研究所 代表   
name.gif

大手サイト情報(災害情報、伝言板等)

■Googleによる東北地方太平洋沖地震、特設サイト
緊急用ダイヤル、警報・注意報、災害掲示板、避難所情報、運行状況(電車・バス・飛行機)、停電状況に関する情報サイトへのリンクがまとめられています。


■Google Person Finder
「人を探している」、「消息情報を提供する」のそれぞれのリンクから、探している人の情報を登録したり、人を探したりすることができます。
また、義援金も送付できます。


■避難者名簿画像(Google)
全国から被災地の皆様が撮影した避難者名簿の画像が集まっています。
これを見ることで、知り合いがきちんと避難できたのか、どこに避難しているのかどうか、少々手間はかかりますが、ネット上で確認できます。

※アルバム名が日付と時間を示しています。ドロップボックスはGoogleが未精査の状態ものをあらわしています。

また、随時上記パーソナルファインダーに反映されているようですので、
古いものに関してはさきほどの「Google Person Finder」から探して頂くのがいいかと思います。


■東北地方太平洋沖地震、避難所情報
今回の震災から避難できる場所をGoogle Maps 上に表示しています。
赤いポイントをクリックすると、名称と住所が表示されます。


■通信各社の災害用伝言板 - Yahoo!ニュース :
Yahoo!提供のさまざまな災害情報です。


■亡くなられた方々 = 読売新聞(不明者は除く)
読売新聞提供です。

Twitterを中心とした情報

震災中・震災後は、携帯電話やメールが一切使えない状態になります。現地の情報は把握できないことが普通でした。

しかし、今回の震災では「Twitter」を中心にしたネット上のツールによって、様々な情報が流通しました。続いてそれをご紹介します。

 ※Twitterをはじめたい!と言う方はこちらの「ツイッターとは?やさしいTwitterの使い方」をご覧ください。

 

【総合情報】

 

【広域情報】

地域別草の根情報、市町村レベル情報

【岩手】

 

【宮城】

 

【福島】


【青森】

おすすめサイト