新着記事一覧

製造業向け ネットで大企業を開拓する方法

来週の7月8日に、あきばれネット初の
        『製造業』むけインターネット活用セミナー
を開催することとなりました。\(^_^)/

今年は「業種別のセミナー」に力をいれようと考えているのですが、今回のセミナーもその一環です。
実は、5月に「士業コンサルタントむけブログ活用セミナー」というのを企画したのですが、今回はその第2回ということで、製造業に特化してお話ししたいと考えています。

何をお話ししようかと色々と考えたのですが、下記3つのポイントでお話ししようと考えています。

1)あきばれネットの会員さんの成功事例を通じて明らかになった、
        『メーカーがネットで新規顧客開拓するポイント』
2)元、野村総研コンサルタントとして、「3ヶ月3,000万円」のコンサルティングを販売していた経験に基づく
        『大企業むけ営業開拓のポイント』
3)今はやりの「ブログ」について
        『製造業でのブログ活用の可能性」

上記の観点から、製造業の経営者の方に「インターネットやブログを使って大企業開拓を進める方法」について、色々とお話しできればと考えています。
一応、製造業向けの個別セミナーは「今回限り」の予定なので、ご興味ある方は是非お申し込み下さい。

それと、今回のセミナーはソフトブレーンサービス社の工藤社長との「共同セミナー」の形を取っています。
この工藤社長は、「eセールスマネージャー」という営業支援ソフトを、トヨタ、アサヒビール、等々、日本を代表する大企業700社に売り込んだ、日本を代表するスーパー営業マンです。
この工藤社長の「大企業営業のポイント」についてのお話しも、もの凄く参考になると思います。
続きを読む

CSK広瀬社長のお祝い会

先日、株式会社CSKの新社長、広瀬省三氏の「社長就任お祝いパーティー」を企画させて頂きました。

CSKと言えば、連結売上3,000億円、社員数約1万人の日本を代表するシステム会社ですが、そこの新社長に就任されるのが広瀬氏です。

広瀬氏には、私が三和銀行時代に本当に色々とお世話になりました。当時、CSKさんに三和銀行のシステム開発をお願いしていたのですが、CSKさんの取りまとめとして獅子奮迅のご活躍をされたのが広瀬さんでした。その後、私が三和銀行を辞めた以降も、たまにお酒を飲みに連れて行って頂いたりして、親しくさせて頂いております。

そんな広瀬氏が社長に就任されたと言うことで、早速当時お世話になった方を集めて、「広瀬さんの社長就任をお祝いする会」を企画した次第です。

広瀬さんを含めて計7人で、こじんまりと昔話に花を咲かせたのですが、広瀬さんから中国のシステム開発の状況を色々と教えて頂いたりして、とても勉強になりました。

私の専門のシステム的な話でも大いに盛り上がったのですが、そういう点とは別に、広瀬さんと久しぶりにお話ししていて思ったことがあります。

それは、「偉くなる方は、常に謙虚だ」という点です。

広瀬さんは、怒ると無茶苦茶怖いので有名なのですが、普段は非常に腰の低い紳士の方です。私のような年下に接する時でも決して偉そうにしない、本当に人間として尊敬できる方です。

そんな広瀬さんと接していると、「上に行こうと思ったら、人間としての徳を高めなければいけない」と本当に思います。

私もいつの日かそんな風に誰かに言ってもらえるように頑張りたいと思いました。

携帯電話を買い換えました。

keitai.jpg先週、携帯の電話を新しく買い換えました。
今までは2年ほど前に買ったSONYの機種を使っていたのですが、カメラ機能がないため、ブログに写真をアップするためには別途デジカメを持ち歩かなければいけなかったのです。
何かと不便なので、思い切ってカメラ付きの携帯に買い換えました。
私はあまり携帯は詳しくないので、店員さんの勧めに安易に従って「SANYO」のW31SAという機種にしたのです。
「サンヨーで大丈夫かな?」という不安もありましたが、愛想の良い店員さんの「これ、私も使っていますけど、ムッッチャいいですよ!」という声に背中を押されて、これを選んでしまいました。(^_^;
がしかし、使ってみると、これが結構良いです。
何が感心したかというと、まずディスプレイが無茶苦茶きれいなのです。
高解像度のディスプレーが搭載されていて、3ptくらいの小さい文字が
  横 14文字
  縦 15行
で、ぎっしりと表示されています。
文字は小さいのですが、画面の解像度が高いので文字がとてもクリアに表示されていて、下手なPDAよりも使いやすい感じです。
また、「CDMA1x WIN」というタイプの契約をしたのですが、この通信速度が「最大2.4Mbps」と、無茶苦茶早いです。もちろん混み合っている時はそんなには出ないのでしょうが、一昔前のADSLくらいの速度が出ているわけで、かなり大量の情報が送れます。
実際に体感してみると、昔の機種を使っていた頃の「遅くてイライラする」という感じがすっかりなくなりました。
今まで携帯電話について会員さんにアドバイスする際には、「主婦向けのメール販促ツールとしては、携帯ははずせませんよ」という感じで、メール活用を中心にアドバイスして来たのですが、ちょっと認識を改めないといけないようです。
従来の携帯電話での「画面の小ささ」と「通信回線の遅さ」というボトルネックが急速に解消しているわけで、企業にとってメール以外にも、かなり本格的な販促ツールとして使えそうです。
今の携帯電話の買い換え周期は「1.5年」くらいだそうですから、既存の携帯端末が「高解像度ディスプレイー」に変わる頃には、パソコンによる販促と同じようなことを携帯電話に対しても行えそうです。
私もこの新機種を使い尽くして、ノウハウを溜めていきたいと思っています。

名古屋の飲食コンサルタントさんとの打ち合わせ

本日、名古屋の飲食業コンサルタント「キュアシステムズ」の土屋先生と打ち合わせをしました。
tsuchiya.jpg先生のホームページをあきばれネットで制作させて頂いているご縁で、先生の上京に合わせてお打ち合わせをさせて頂いたものです。
先生は飲食店の経営コンサルタントとしては名古屋地区で大変有名な方で、名古屋地区のグルメサイト『ポケッチュ!』の顧問コンサルティングもされています。(私は知らなかったのですが、この「ポケッチュ!」は中部電力が運営しているそうです。ちょっと意外でした。)
さて、そんな土屋先生と「飲食業におけるホームページ活用」について、小一時間、意見交換をしました。
私は飲食業にあまり詳しくないので、この業界の現状について大変勉強になりました。(土屋先生、ありがとうございました。)
私の結論としては、「飲み屋さんにはブログが向いている」というものでしたが、このミーティングで思いついたアイデアを早速実行していかねばと、心に誓った一日でした。

起業バカ

最近、こんな本を読みました。

booki_kigyoubaka.jpg 起業バカ 渡辺 仁 (著)

相変わらず「起業ブーム」が続いていますが、この本はそんな安易な風潮に釘をさしてくれる一冊です。

ジャーナリストとして、数多くの起業家を取材してきた筆者が、起業で失敗した人の事例や失敗に至る経緯を実例に基づいて記載されています。

起業予定者の方、あるいは起業直後で商売に苦戦している方にはお勧めの一冊ですよ。

製造業向け ネットで大企業を開拓する方法

来週の7月8日に、あきばれネット初の
        『製造業』むけインターネット活用セミナー
を開催することとなりました。\(^_^)/

今年は「業種別のセミナー」に力をいれようと考えているのですが、今回のセミナーもその一環です。
実は、5月に「士業コンサルタントむけブログ活用セミナー」というのを企画したのですが、今回はその第2回ということで、製造業に特化してお話ししたいと考えています。

何をお話ししようかと色々と考えたのですが、下記3つのポイントでお話ししようと考えています。

1)あきばれネットの会員さんの成功事例を通じて明らかになった、
        『メーカーがネットで新規顧客開拓するポイント』
2)元、野村総研コンサルタントとして、「3ヶ月3,000万円」のコンサルティングを販売していた経験に基づく
        『大企業むけ営業開拓のポイント』
3)今はやりの「ブログ」について
        『製造業でのブログ活用の可能性」

上記の観点から、製造業の経営者の方に「インターネットやブログを使って大企業開拓を進める方法」について、色々とお話しできればと考えています。
一応、製造業向けの個別セミナーは「今回限り」の予定なので、ご興味ある方は是非お申し込み下さい。

それと、今回のセミナーはソフトブレーンサービス社の工藤社長との「共同セミナー」の形を取っています。
この工藤社長は、「eセールスマネージャー」という営業支援ソフトを、トヨタ、アサヒビール、等々、日本を代表する大企業700社に売り込んだ、日本を代表するスーパー営業マンです。
この工藤社長の「大企業営業のポイント」についてのお話しも、もの凄く参考になると思います。
続きを読む

CSK広瀬社長のお祝い会

先日、株式会社CSKの新社長、広瀬省三氏の「社長就任お祝いパーティー」を企画させて頂きました。

CSKと言えば、連結売上3,000億円、社員数約1万人の日本を代表するシステム会社ですが、そこの新社長に就任されるのが広瀬氏です。

広瀬氏には、私が三和銀行時代に本当に色々とお世話になりました。当時、CSKさんに三和銀行のシステム開発をお願いしていたのですが、CSKさんの取りまとめとして獅子奮迅のご活躍をされたのが広瀬さんでした。その後、私が三和銀行を辞めた以降も、たまにお酒を飲みに連れて行って頂いたりして、親しくさせて頂いております。

そんな広瀬氏が社長に就任されたと言うことで、早速当時お世話になった方を集めて、「広瀬さんの社長就任をお祝いする会」を企画した次第です。

広瀬さんを含めて計7人で、こじんまりと昔話に花を咲かせたのですが、広瀬さんから中国のシステム開発の状況を色々と教えて頂いたりして、とても勉強になりました。

私の専門のシステム的な話でも大いに盛り上がったのですが、そういう点とは別に、広瀬さんと久しぶりにお話ししていて思ったことがあります。

それは、「偉くなる方は、常に謙虚だ」という点です。

広瀬さんは、怒ると無茶苦茶怖いので有名なのですが、普段は非常に腰の低い紳士の方です。私のような年下に接する時でも決して偉そうにしない、本当に人間として尊敬できる方です。

そんな広瀬さんと接していると、「上に行こうと思ったら、人間としての徳を高めなければいけない」と本当に思います。

私もいつの日かそんな風に誰かに言ってもらえるように頑張りたいと思いました。

携帯電話を買い換えました。

keitai.jpg先週、携帯の電話を新しく買い換えました。
今までは2年ほど前に買ったSONYの機種を使っていたのですが、カメラ機能がないため、ブログに写真をアップするためには別途デジカメを持ち歩かなければいけなかったのです。
何かと不便なので、思い切ってカメラ付きの携帯に買い換えました。
私はあまり携帯は詳しくないので、店員さんの勧めに安易に従って「SANYO」のW31SAという機種にしたのです。
「サンヨーで大丈夫かな?」という不安もありましたが、愛想の良い店員さんの「これ、私も使っていますけど、ムッッチャいいですよ!」という声に背中を押されて、これを選んでしまいました。(^_^;
がしかし、使ってみると、これが結構良いです。
何が感心したかというと、まずディスプレイが無茶苦茶きれいなのです。
高解像度のディスプレーが搭載されていて、3ptくらいの小さい文字が
  横 14文字
  縦 15行
で、ぎっしりと表示されています。
文字は小さいのですが、画面の解像度が高いので文字がとてもクリアに表示されていて、下手なPDAよりも使いやすい感じです。
また、「CDMA1x WIN」というタイプの契約をしたのですが、この通信速度が「最大2.4Mbps」と、無茶苦茶早いです。もちろん混み合っている時はそんなには出ないのでしょうが、一昔前のADSLくらいの速度が出ているわけで、かなり大量の情報が送れます。
実際に体感してみると、昔の機種を使っていた頃の「遅くてイライラする」という感じがすっかりなくなりました。
今まで携帯電話について会員さんにアドバイスする際には、「主婦向けのメール販促ツールとしては、携帯ははずせませんよ」という感じで、メール活用を中心にアドバイスして来たのですが、ちょっと認識を改めないといけないようです。
従来の携帯電話での「画面の小ささ」と「通信回線の遅さ」というボトルネックが急速に解消しているわけで、企業にとってメール以外にも、かなり本格的な販促ツールとして使えそうです。
今の携帯電話の買い換え周期は「1.5年」くらいだそうですから、既存の携帯端末が「高解像度ディスプレイー」に変わる頃には、パソコンによる販促と同じようなことを携帯電話に対しても行えそうです。
私もこの新機種を使い尽くして、ノウハウを溜めていきたいと思っています。

名古屋の飲食コンサルタントさんとの打ち合わせ

本日、名古屋の飲食業コンサルタント「キュアシステムズ」の土屋先生と打ち合わせをしました。
tsuchiya.jpg先生のホームページをあきばれネットで制作させて頂いているご縁で、先生の上京に合わせてお打ち合わせをさせて頂いたものです。
先生は飲食店の経営コンサルタントとしては名古屋地区で大変有名な方で、名古屋地区のグルメサイト『ポケッチュ!』の顧問コンサルティングもされています。(私は知らなかったのですが、この「ポケッチュ!」は中部電力が運営しているそうです。ちょっと意外でした。)
さて、そんな土屋先生と「飲食業におけるホームページ活用」について、小一時間、意見交換をしました。
私は飲食業にあまり詳しくないので、この業界の現状について大変勉強になりました。(土屋先生、ありがとうございました。)
私の結論としては、「飲み屋さんにはブログが向いている」というものでしたが、このミーティングで思いついたアイデアを早速実行していかねばと、心に誓った一日でした。

起業バカ

最近、こんな本を読みました。

booki_kigyoubaka.jpg 起業バカ 渡辺 仁 (著)

相変わらず「起業ブーム」が続いていますが、この本はそんな安易な風潮に釘をさしてくれる一冊です。

ジャーナリストとして、数多くの起業家を取材してきた筆者が、起業で失敗した人の事例や失敗に至る経緯を実例に基づいて記載されています。

起業予定者の方、あるいは起業直後で商売に苦戦している方にはお勧めの一冊ですよ。